福岡不妊体質改善センター|不妊 不育症 流産

福岡市博多区博多駅中央街5-11 5階2号

博多駅筑紫口より徒歩40秒

年中無休/日曜・祝日も開いています

24時間対応WEB予約 予約フォーム

「タイミング療法を行なっている方」でお悩みの方へ

念願の母子手帳をもらうことができました!

【33歳 女性 会社員 Mさんの喜びの声】

 

 

「妊娠を意識して半年過ぎた頃に、なかなか妊娠できないなぁと思いま始めました。年齢も33歳だし、元々4cmの漿膜下筋腫があったので焦りと不安で不妊について病院や治療方法などネット検索の日々でした。

 

注射や痛みにかなり弱いので、不妊治療には不安があり、他に何かいい方法がないか探して、整体・鍼灸が効果ありと見つけました。それでもやっぱり鍼が苦手なので、整体メインの医院を探して骨盤王国のHPを発見しました。

 

ボキボキ痛かったらどうしよう。セールスばかりだったらどうしよう。など、不安はありましたが、HPの「迷ったらまずは来てください」の一言が決め手になりました。

 

実際に施術を受けてみて、腹部の圧痛が軽くなったり、生理周期がすぐに整ったりと、即効性に驚きました。あんなに苦手だった鍼も全然痛くなくて、さした瞬間に不調が軽くなるのが本当に不思議でした。

 

力石先生の、「まずは3ヶ月週一で通いましょう」の言葉を信じ通い続けて、本当に3ヶ月で初めて陽性反応が出た時は、今までで一番驚きました。そして先日、心拍が確認でき念願の母子手帳をもらうことができました。本当にありがとうございます。

 

私のように不妊治療に不安があってなかなか踏み込めない人も多いと思いますので、迷ったらまずは骨盤王国に通ってみてください。必ず効果を実感できます。

 

力石先生本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。」

 

Mさん、アンケートのご協力ありがとうございました。

 

半年間なかなか妊娠できずに悩んでいたMさんは、やっと妊娠し念願の母子手帳を受け取ることができました。色々最初は不安を抱えていたとは思いますが、無事にお子さんを授かることができて、本当によかったですね!

 

「筋腫があると妊娠しづらいのではないか」と不安があったとは思いますが、実は筋腫があっても妊娠することは可能です。

 

筋腫が妊娠しない原因だったのではなく、Mさんの「体質」が半年間なかなか妊娠できない原因だったのです。

 

今回はどのように体質を改善し、無事妊娠することができたのか。そのことについて詳しくお話ししていきますね。

 

 

 

筋腫があっても妊娠できる!不妊の原因は筋腫ではなく体質!

 

当院には病院で筋腫があって妊娠しづらいかもしれないと言われた方も多数来院されます。また、そんな方でも妊娠し無事に出産される方も多いです。

 

なぜかというと、筋腫は妊娠できないという根本的な原因ではないからです。あなたが妊娠しづらい根本的な原因は「体質」が悪いからなんです。

 

「体質」が悪いと妊娠するという体の機能が低下してしまうので、どんなにタイミングがあっていても、どんなに人工授精や体外受精を繰り返しても妊娠することが難しくなってしまいます。

 

もしも筋腫がどうしても妊娠できないような場所にできてしまっているのなら、まずはその筋腫を取り除くような処置が必要になりますが、そうではない場合は筋腫の処理ではなく、体質から変えていくことで妊娠することは可能です。

 

「体質改善」というのは状態が人それぞれですので、一概に「これをやればいい!」というものではなく、その人に合わせて体質が悪くなっている根本的な原因を取り除かないといけません。

 

今回のMさんでいうと、「妊娠できない体質」になっていた根本的な原因は肝臓の疲労と自律神経の乱れでした。

 

では「肝臓の疲労」と「自律神経の乱れ」がなぜ妊娠しづらい体質に繋がってしまうのか?そこについてもう少し詳しくお話ししましょう。

 

肝臓の疲労と自律神経の乱れが与える妊娠への影響

 

肝臓が不妊と関係する理由は2つあります。

 

① 肝臓の疲労によって骨盤が歪んでしまい、子宮や卵巣への循環が悪くなり妊娠しづらくなる。

 

② 東洋医学的に肝臓と鍼灸は繋がっているため、肝臓が疲れてくると子宮の機能も悪くなる。

 

肝臓の疲労って何?と思われる方が多いかもしれません。体を動かしすぎると疲れてくるように、内臓も使いすぎると疲れてしまうものです。肝臓の疲労が起こると体にどのようなサインが現れるのかというと

 

☑️ 体が疲れやすくなる

☑️ お酒を美味しく感じなくなった

☑️ 食欲がわかなくなる

☑️ 足がむくむ、お腹が張ってくる

☑️ ふくらはぎがつる

☑️ イライラしやすくなる

☑️ 夜中途中で目がさめる

☑️ 目が疲れやすい

 

などの症状が現れてしまいます。このような症状が最近気になるという方は、もしかしたら肝臓の疲労が溜まっているかもしれませんし、そのような方はその肝臓の疲労が不妊にも必ず影響してしまいますので、肝臓の疲労を取るようにしていかなければなりません。

 

では、自律神経の乱れがどのように不妊に影響するのかというと、

 

① 血液循環が悪くなって体が冷えてしまい、妊娠しづらくなる

 

② ホルモンバランスが乱れてしまう

 

基本的に自律神経が乱れてしまうと、血管系に影響を与えてしまって血の流れが悪くなってしまいます。妊娠しやすい体質というのは、体が温かい状態のことなので、血の流れが悪くなってしまい、体は冷えてしまうと妊娠しづらくなってしまいます。

 

また、病院でも妊娠するために大事と言われる女性ホルモンは、自律神経によって調節されているので、自律神経の乱れによってホルモンバランスも乱れてしまうことになり、妊娠しづらい状態になってしまうのです。

 

 

どんな人が自律神経が乱れている可能性があるかというと

 

☑️ 夜ぐっすり眠れない

☑️ 最近食欲があまりない

☑️ なんとなく体がだるい

☑️ 情緒が不安定になることが多い

☑️ 体の不調はあるのに病院で検査しても異常が見当たらない

 

などです。

 

もしもこれらの項目に当てはまるのであれば、自律神経の乱れがあるかもしれないので、まずは自律神経の調整を行って全身の循環をよくしたり、ホルモンのバランスをよくして行く必要があります。

 

肝臓の疲労を取るためにするべきこと

 

肝臓が不妊にどのように影響するかはわかったと思いますが、ではどのように肝臓の疲労を取ってあげたらいいのでしょうか?肝臓というとお酒のイメージが強いと思いますが、肝臓の機能はたくさんあるので疲労する要因もたくさんあるのです。

 

①甘いもの、脂っこいものを控えましょう!

肝臓はお酒の分解だけでなく、甘いものや脂物の分解も行います。なので甘いもの、脂物を取りすぎてしまうと肝臓を働かせすぎてしまうので、肝臓が疲れてしまう要因になります。

 

②適度な運動で筋肉を動かしましょう!

実は東洋医学では肝臓と筋肉はとても関係しているのです。適度な運動で筋肉を動かすことで肝臓の機能もよくなると言われているので、もしも運動不足の人は少し運動することで肝臓の疲労を取ってあげるようにしましょう!

 

ただし、過度な運動は逆に肝臓に負担をかけてしまうと言われています。適度なと言われても難しいですよね。目安としては週に3〜4回、一日30分程度のウォーキングをすることをオススメします。

 

③薬をなるべく飲まないようにしましょう!

肝臓の働きの一つに「解毒」という働きがあります。これは体内に入ってきた細菌や食品添加物、薬物などを分解して無毒化するという働きです。なので、薬を昔から常用しているという人は肝臓にずっと負担をかけていることになるのです。

 

持病などでどうしても飲まないといけないお薬がある場合は別ですが、なんとなく不安だから飲んでいる痛み止めや睡眠導入剤などがあるのであれば、少し使用を控えるようにした方がいいでしょう。

 

自律神経の乱れを整えるために注意すべきポイント

基本的に自律神経が乱れている人は生活習慣や食習慣、運動習慣が乱れている人がほとんどですが、ではその乱れてしまった自律神経をどのように戻して行くのか、その自分でもできる整え方についてお話しします。

 

①深呼吸をする

自律神経が乱れている人はよくため息をついたり、息が浅くなっている人が多いです。基本的には息がうまく吸い込めてない状態になっているのですが、意識的に息を深く吸うことで体をリラックスさせる方法です。

 

ただもともとうまく息ができない方がほとんどなので、やろうとしても息が深く吸えないという方もいるでしょう。そのような方は、まず息を全部吐き切ることに集中してみてください。

 

全部息を吐いてしまうことで吐いた分、今度は吐いた同じ分の量を取り込もうとするので、自然を深く息が吸えるようになります。

 

②お風呂にゆっくり浸かること

体が温まることで体はリラックスするので、自律神経の乱れも整ってきます。その際の注意としてはお風呂の温度は38〜40℃のぬるめのお湯に浸かることです。

 

また匂いも神経をリラックスさせる方法の一つです。自分の好きな匂いがあるのならお風呂にアロマなどを入れて入浴するのもいい方法でしょう。

 

③ヘッドマッサージ

自律神経の乱れがある人は頭がガチガチに固まってしまています。逆にその固まってしまった頭をマッサージしてあげることで、神経の乱れも整ってくるので、頭を押して気持ちいいところをゆっくりほぐしてあげるといいでしょう。

 

ただ偏頭痛などがある人は、強めの刺激を入れすぎるとより頭痛が悪化する可能性があるので、強い刺激を入れすぎないように気をつけましょう。

 

より体質改善を行いたい方は整体&鍼灸を!!

 

肝臓の疲労を取ったり、自律神経の乱れを整える方法を自分で行うということだけでも体質の改善を測ることができるかもしれませんが、より体質改善の効果をあげるのには整体や鍼灸を行うことがオススメです。

 

自分で生活習慣を改善したりセルフケアを行うのも、途中でめんどくさくなったり続けるとなると大変だったりしますよね。

 

そんな時は整体と鍼灸も一緒に体質改善に取り入れてあげるといいでしょう!実はし整体や鍼灸でも肝臓の疲労回復や、自律神経の乱れを改善することは可能なのです。

 

Mさんも言っているように整体や鍼灸が痛いのでは?というイメージを持たれている方も多いと思いますが、当院の整体はバキバキしないソフトな整体ですし、鍼灸で使う針も髪の毛くらいの細さでほとんど痛くありません。

 

整体と鍼灸の施術と自分で生活習慣の改善、セルフケアを行い続けるとだいたい三ヶ月くらいで「妊娠しづらい体質」から徐々に「妊娠やすい体質」に変化していきます。

 

一人で妊活をかんばるよりも、きっと誰かと一緒にやった方がきっと気持ちが楽なはずです。

 

これからどのように妊活に取り組んだらいいのか、自分は何が悪くて妊娠しづらい体質になってしまったのか、どんなセルフケアをしたらいいのかなど、悩んでいることはなんでも言ってください。

 

私はそんな妊活をかんばるあなたを全力で応援します。どんな些細なことでもいいので、お気軽にご連絡くださいね。

 

福岡不妊体質改善センター

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

人工授精に抵抗がある・・・できれば自然に妊娠したい!という方はこちら

現在タイミングを測って子作りをしているけど、なかなか妊娠しない。病院の先生からは人工授精を勧められているけどなんか人工授精となると抵抗がある。でもやっぱり子供は欲しい・・・そんな悩みを抱えてはいませんか?

 

やはり形としては自然妊娠したいですよね。人工授精って聞くとなんか人の手が加わったような感じがして、少し抵抗があるという方も多いと思います。

 

そこで今日は人工授精をせずに、自然に妊娠するためにどのようなことをすればいいのか、ということについてお話ししていきたいと思います。

 

タイミングを測っていても、なかなか妊娠しない原因

病院の先生から指導してもらっている通りに、排卵のタイミングに合わせて性行為を何ヶ月も行なっているのになかなか妊娠しない。タイミングはあっているはずなのになぜ妊娠できないんだろう・・・毎月毎月の生理が余計にストレスに感じてしまいますよね。

 

おそらく病院の先生からの指導を受けていたり、ちゃんとした排卵検査薬を使っているという方はタイミングそのものはあっているかと思います。それでも妊娠しないというあなたは、タイミング以外にも妊娠しない原因があるからなのです。

 

例えば男性側に原因がある場合です。男性の精子の数が少なかったり、運動率が悪い場合です。その場合、卵子の元まで精子がたどり着くという確率が低くなってしまうため、なかなか妊娠しない原因になってしまいます。

 

実際に精子の質がどうなのかは病院で検査してみないとわからないので、男性不妊の検査ができる病院で一度チェックしてもらいましょう。

 

もう一つ、女性側にも問題がある場合があります。例えば卵管に以上があり精子が通りにくくなってしまっている場合。また、精子を異物として認識し、精子を攻撃してしまう抗精子抗体というのが陽性の場合です。

 

このような場合は状態によってはまずそれに対しての治療を行ってからでないと、妊娠できない場合もありますので、これも病院の先生と治療法を話し合ってみましょう。

 

妊娠しない原因が見当たらない・・・それは体質が問題です!

では男性側にも女性側にも問題が見つからなかった場合はどうなんでしょうか?病院では原因は特に見当たらないということで、結局他に治療のすべもないので人工授精という流れになることが多いです。

 

なぜ特に原因が見当たらないのに妊娠することができないのか。

 

それはあなたの体質が「妊娠しづらい体質」であるために、今まで妊娠することができなかったのです。

 

妊娠しづらい体質になると、そもそもの妊娠確率というのが低下してしまいます。一般的にタイミングを合わせたとしても、妊娠するという確率は3〜5%と言われていますが、体質が悪いとより低い妊娠確率となってしまいます。

 

そもそも高い確率ではないので、そこから下がってしまうとなると、やはり結果は絶望的ですよね。

 

このように体質というのは妊娠する確率に大きな影響を与えてしまいます。病院での検査で明らかな異常が認められないが、なかなか妊娠しないという場合は体質が原因ということがほとんどなので、まずは体質から変えていくことが必要です。

 

そして、妊娠しやすい体質にするためには子宮の問題だけでなく全体の状態もよくしていく必要があるのです。

 

例えば体が歪んでいる状態のも、妊娠しづらいという体質になる原因となりますし、食事が悪かったり、頭蓋骨が硬いという方、自律神経が乱れているというのも同じです。今まであなたが過ごしてきた習慣が、今のあなたの体質として定着してしまい、妊娠しづらい状態になっています。

 

まずはこの体質を変えて妊娠しやすい状態にすることが、妊娠への一番の近道なのですが、これは実際にその人の体の状態をみてみないと詳しくはわかりません。

 

なので、もしも人工授精ではなく自然妊娠したい。けど今までなかなか妊娠できなかった、という方はもしかしたらこの体質が悪いという状態が体にあるかもしれないので、一度当院に来てください。

 

当院独自の検査を行うことで、あなたが今どのような体質であるのか、そしてその体質を変えるためにどのようなことをしたらいいのかがわかるかと思いますので、お気軽にご連絡くださいね。

 

終わりに

今日は人工授精に抵抗がある方、自然に妊娠したいという方について書いていきました。

 

しかし、言っておきたいのは私は人工授精を否定するわけではありません。その人の状態によっては、人工授精も妊娠したい思いを叶えてくれる素晴らしい治療法だと思います。

 

人工授精がどのようなものかというと、採取した精子を女性の子宮内に直接注入するというものです。人工という言葉によって、なんか無理矢理妊娠させているようなイメージがありますが、実際は精子が卵子までたどり着く距離を少し縮めているだけなので、実際はそんなに人工的なものではないのです。

 

もしもあまり人工授精というものを知らずに避けていたという方がいれば、少し考えてみてもいいかもしれませんね。

 

しかしどちらにしても体質が悪いと本来の妊娠する確率よりも低い確率になってしまいますので、できる限り体質をいい状態にしてタイミングを測ったり、人工授精に望んでいかれることをお勧めします。

 

福岡不妊体質改善センター

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

どこに行こうか迷われている方は、遠回りせず一番最初にご相談下さい。

初めての方限定特典 月20名様限定 テレビ出演記念

全額返金保証